アトピー・にきび(ニキビ)・じんましん・湿疹などでお悩みの方に
漢方治療を含めた最善の治療をご提供する皮膚科(保険診療)です

健やかな皮膚を目指して あなたの皮膚にとってのベストな治療を提案します

トップ > 当院で扱う症状 > 一般皮膚科で扱う症状について > 肌荒れ(肌あれ)の治療

アトピー性皮膚炎

肌荒れ(肌あれ)

にきび(ニキビ)

じんましん

円形脱毛症

疣贅(ウィルス性のいぼ)

赤ら顔(酒さ、ステロイド酒さ)

水虫

爪白癬・爪水虫

皮膚腫瘍、皮膚がん、ほくろ、脂漏性角化症

帯状疱疹

伝染性膿痂疹(とびひ)

粉瘤

皮脂欠乏性湿疹

掌蹠膿疱症

乾癬

日焼け

しみ、くすみ、肝斑

病巣感染new

紫外線について

肌荒れ(肌あれ)の治療

肌が、ガサガサする、ぷつぷつする、痒い、化粧のりが悪い・・・“肌荒れ(肌あれ)”というのは、一つの疾患ではなくて、色々な疾患をさしているようです。
接触皮膚炎であったり、ニキビであったり、皮膚の乾燥であったり、治療をこじらして、異型白せんになっていたり、それらが混合した状態であったり。

こちらのクリニックでは、専門医の目でじっくり観察させて頂き、状況の評価をし、原因を考えていきます。

化粧品や、日常暴露するものに対する接触皮膚炎(かぶれ)の場合、その接触源を断つことが根本的な治療になります。
最近の傾向としては、接触皮膚炎とは異なり、化粧品によって、皮膚が薄くなって様々なトラブルを引き起こしていることもあります。
花粉症で皮膚症状を示す方もいます。
体調の変化で調子悪くなることもあります。疲労がたまっている、寝不足、食生活が乱れている・・・これらが皮膚に影響することもあります。
体の調子を漢方薬の手助けも借りて、体調を整え、内側から改善させましょう。

体調の変化も総合的に作用して結果として、赤ら顔となっている場合もあります。

この状態では、いろいろなものに感作しやすく(かぶれの反応を起こしやすく)なっているので、日常のケアの仕方をご説明いたします。

このページのトップへこのページのトップへ
和(なごむ)皮ふ科クリニック
180-0004 東京都武蔵野市吉祥寺本町2-10-7 くもんピア吉祥寺ビル4階
TEL/FAX 0422-23-8756