アトピー・にきび(ニキビ)・じんましん・湿疹などでお悩みの方に
漢方治療を含めた最善の治療をご提供する皮膚科(保険診療)です

健やかな皮膚を目指して あなたの皮膚にとってのベストな治療を提案します

トップ > 当院で扱う症状 > 一般皮膚科で扱う症状について > 皮脂欠乏性湿疹の治療

アトピー性皮膚炎

肌荒れ(肌あれ)

にきび(ニキビ)

じんましん

円形脱毛症

疣贅(ウィルス性のいぼ)

赤ら顔(酒さ、ステロイド酒さ)

水虫

爪白癬・爪水虫

皮膚腫瘍、皮膚がん、ほくろ、脂漏性角化症

帯状疱疹

伝染性膿痂疹(とびひ)

粉瘤

皮脂欠乏性湿疹

掌蹠膿疱症

乾癬

日焼け

しみ、くすみ、肝斑

病巣感染new

紫外線について

皮脂欠乏性湿疹の治療

木枯らしの吹く頃になると、全身の皮膚、特に下腿の部分がかさかさ痒いのを感じることはありませんか?
これが、皮脂欠乏湿疹です。
冬になると、温度が下がり、絶対湿度が低下し、空気がより乾燥してきます。また、暖房器具の使用により、乾燥に拍車がかけられます。

第一段階としては、皮膚に粉を吹く程度なのですが、さらに進むと、表皮の角質層の部分がすかすかになり、皮膚のバリアー機能が壊されてしまい、刺激が皮膚のさらに内側にある、真皮の部分に伝わってしまいます。この部分には、神経や血管がありますので、さらに刺激は強く伝わり、より強いかゆみを感じることになります。

そして、かゆみ→かき壊し→さらに痒くなる→さらにかき壊す・・・・という悪循環が生じ、次の段階では皮膚の損傷へと進んで行きます。この段階では皮脂欠乏湿疹から“貨幣場湿疹”へと発展しています。

適切な保湿剤の使用でだいぶ予防ができます。ただ、貨幣状湿疹まで進んでしまった場合は、一時的ではあるにしろ、しっかりステロイド外用(包帯での保護もした方が効果的)する必要があると思います。

この場合、漢方薬は、体質に応じて、適宜追加するとよりはやくいい状態になることができることもあります。

このページのトップへこのページのトップへ
和(なごむ)皮ふ科クリニック
180-0004 東京都武蔵野市吉祥寺本町2-10-7 くもんピア吉祥寺ビル4階
TEL/FAX 0422-23-8756