アトピー・にきび(ニキビ)・じんましん・湿疹などでお悩みの方に
漢方治療を含めた最善の治療をご提供する皮膚科(保険診療)です

健やかな皮膚を目指して あなたの皮膚にとってのベストな治療を提案します

トップ > 当院で扱う症状 > 一般皮膚科で扱う症状について > 皮膚腫瘍、皮膚がん、ほくろ、脂漏性角化症の治療

アトピー性皮膚炎

肌荒れ(肌あれ)

にきび(ニキビ)

じんましん

円形脱毛症

疣贅(ウィルス性のいぼ)

赤ら顔(酒さ、ステロイド酒さ)

水虫

爪白癬・爪水虫

皮膚腫瘍、皮膚がん、ほくろ、脂漏性角化症

帯状疱疹

伝染性膿痂疹(とびひ)

粉瘤

皮脂欠乏性湿疹

掌蹠膿疱症

乾癬

日焼け

しみ、くすみ、肝斑

病巣感染new

紫外線について

皮膚腫瘍、皮膚がん、ほくろ、脂漏性角化症の治療

ほくろや、皮膚や皮下に何らかの固まりができた、そんな場合も、ご相談下さい。
オゾン層の破壊により、地上に届く紫外線量が年々増えているのに伴って、皮膚腫瘍の発生も増えています(紫外線について参照)。

ほくろに関しては、特に大きいもの青黒いもの、急速に大きくなるもの、いびつな形なもの、辺縁が明瞭でないものなどには特に、悪性の可能性があります。

皮膚腫瘍に関しては、良性と悪性があり悪性は転移する可能性もあるので、判断が大事です。悪性のものとして、よくあるのは、基底細胞癌、有棘細胞癌、悪性黒色腫などです。前癌病変(そのままにしておくと、皮膚癌へと発展するもの)としてあげられるのは、日光角化症、ボウエン病、ページェット病などです。
良性のほくろを学術的には、“色素性母斑”といいますが、こちらは、手術か炭酸ガスレーザーでの治療が主流です。

”脂漏性角化症”は良性の病変ですが、整容的、物理的に問題のある事があり、液体窒素での凍結療法などで加療します。

表面の病変については、ダーモスコープという角質表面での乱反射を防いだ状態で皮膚病変を拡大して観察することができる虫眼鏡のようなものをもちいて観察します。これによって、普通に見ただけでは判断するのが困難であった皮膚病変に対し、悪性の可能性があるのか全く心配のない良性のものなのかという判断がある程度可能です。

当院では、局所麻酔下での、皮膚バイオプシー(皮膚生検)、簡単な手術も行います。大きなものに関し手は部分的に3〜4ミリの切片をとります。小さいものに関しては、全切除します。得られた皮膚切片を、病理組織検査し、より詳細な結果をおしらせします。
また、必要があればより高次の医療施設へと御紹介いたします。
悪性黒色腫がとても疑われる場合は、皮膚生検により転移が早まる可能性もあるので、皮膚生検はせずに、拡大切除も可能な、高次の医療施設へと御紹介いたします。

このページのトップへこのページのトップへ
和(なごむ)皮ふ科クリニック
180-0004 東京都武蔵野市吉祥寺本町2-10-7 くもんピア吉祥寺ビル4階
TEL/FAX 0422-23-8756