アトピー・にきび(ニキビ)・じんましん・湿疹などでお悩みの方に
漢方治療を含めた最善の治療をご提供する皮膚科(保険診療)です

健やかな皮膚を目指して あなたの皮膚にとってのベストな治療を提案します

トップ > 当院で扱う症状 > 一般皮膚科で扱う症状について > 赤ら顔(酒さ、ステロイド酒さ)の治療

アトピー性皮膚炎

肌荒れ(肌あれ)

にきび(ニキビ)

じんましん

円形脱毛症

疣贅(ウィルス性のいぼ)

赤ら顔(酒さ、ステロイド酒さ)

水虫

爪白癬・爪水虫

皮膚腫瘍、皮膚がん、ほくろ、脂漏性角化症

帯状疱疹

伝染性膿痂疹(とびひ)

粉瘤

皮脂欠乏性湿疹

掌蹠膿疱症

乾癬

日焼け

しみ、くすみ、肝斑

病巣感染new

紫外線について

赤ら顔(酒さ、ステロイド酒さ)の治療

漢方薬には、西洋医学の薬にない効果があり、これが、十分発揮されるのが、この病気だと思います。

酒さやステロイド酒さの場合、イオウカンフルローションの外用、ミノマイシンの内服や、プロトピック軟膏の外用でかなりの方が改善しますが、イオウカンフルローションを刺激が強すぎて外用できない場合や、これらの治療をしても、改善しない場合、漢方薬が奏効することがあります。

この病気の場合顔がほてります。漢方薬には、体質別に、ほてりを抑える(正確に言うと、さますものと、さます因子、陰、を補うもの、そして、熱を下、つまり、足の方に下げるものなどがあります)方剤があります。これらを併用すると、すぐに効果が現れる場合も、少しずつ効果が現れる場合もありますが、よい方向に進むことが多いようです。

ステロイド酒さの場合、少々時間がかかりますが、漢方を併用した方が、(自覚症状が)楽なケースが多いように思います。

このページのトップへこのページのトップへ
和(なごむ)皮ふ科クリニック
180-0004 東京都武蔵野市吉祥寺本町2-10-7 くもんピア吉祥寺ビル4階
TEL/FAX 0422-23-8756