アトピー・にきび(ニキビ)・じんましん・湿疹などでお悩みの方に
漢方治療を含めた最善の治療をご提供する皮膚科(保険診療)です

健やかな皮膚を目指して あなたの皮膚にとってのベストな治療を提案します

トップ > 当院で扱う症状 > 一般皮膚科で扱う症状について > 疣贅(ウィルス性のいぼ)の治療

アトピー性皮膚炎

肌荒れ(肌あれ)

にきび(ニキビ)

じんましん

円形脱毛症

疣贅(ウィルス性のいぼ)

赤ら顔(酒さ、ステロイド酒さ)

水虫

爪白癬・爪水虫

皮膚腫瘍、皮膚がん、ほくろ、脂漏性角化症

帯状疱疹

伝染性膿痂疹(とびひ)

粉瘤

皮脂欠乏性湿疹

掌蹠膿疱症

乾癬

日焼け

しみ、くすみ、肝斑

病巣感染new

紫外線について

疣贅(ウィルス性のいぼ)の治療

手足に生じる角化性の局面です。小さいものは直径2ミリくらいから大きくなると2センチ、3センチ・・・どんどん大きくなる人もまれに見かけます。

ヒトパピローマウイルスによる病気です。一番スタンダードな治療は、固いところを削り取って、液体窒素で冷凍し、感染した部分を少しずつ削り取っていく、というやり方です。1~2週間に一回来院して、疣が消失するまで継続します。
ヨクイニンという漢方の生薬を内服していただくと、効果があると言われています。また、時に、体質にあった漢方を投与すると難治性であったイボがすんなりなおることがあり、体質、ご希望に応じて、治療に追加して参ります。

このページのトップへこのページのトップへ
和(なごむ)皮ふ科クリニック
180-0004 東京都武蔵野市吉祥寺本町2-10-7 くもんピア吉祥寺ビル4階
TEL/FAX 0422-23-8756