アトピー・にきび(ニキビ)・じんましん・湿疹などでお悩みの方に
漢方治療を含めた最善の治療をご提供する皮膚科(保険診療)です

健やかな皮膚を目指して あなたの皮膚にとってのベストな治療を提案します

トップ > 当院で扱う症状 > 一般皮膚科で扱う症状について > にきび(ニキビ)の治療

アトピー性皮膚炎

肌荒れ(肌あれ)

にきび(ニキビ)

じんましん

円形脱毛症

疣贅(ウィルス性のいぼ)

赤ら顔(酒さ、ステロイド酒さ)

水虫

爪白癬・爪水虫

皮膚腫瘍、皮膚がん、ほくろ、脂漏性角化症

帯状疱疹

伝染性膿痂疹(とびひ)

粉瘤

皮脂欠乏性湿疹

掌蹠膿疱症

乾癬

日焼け

しみ、くすみ、肝斑

病巣感染new

紫外線について

にきび(ニキビ)の治療

尋常性ざそうのスタンダードな治療は、抗生剤のビタミン剤の投与、抗生物質入り軟膏の外用や、レチノイン酸の外用、皮膚を清潔にすること、などです。

この治療に反応して改善なさる方も多いでしょう。

しかし中には、なおりにくい、繰り返しやすい、というかたもおいでになるかと思います。

こちらのクリニックでは、症例に応じて、漢方治療を加え、内面からニキビに対応していくことも考えます。

なおりにくい方の問診でよく私が聞くのは、
ストレスがあるかどうか
食事が不規則だったり、偏っていたりしていないか
(女性だけですが)月経周期との関係はあるか
便秘は?
冷えは?
肩こりは?
などです。

(実際漢方薬を処方するには、その他に舌をみたり、おなかを触ったりします)

食事など、生活指導だけで改善することもありますし、漢方薬の助けを借りると、おさまってくる場合もあります。
そういった場合には、結果的に、全身の調子も良くなることが多いです。
また、普段から調子を整えるように漢方薬を内服していると、以前より、悪化するようなタイミングに程度が軽くなる、というようなことも起こります。
より、根本に近いところからの治癒を目指すのです。

また、ニキビには色々な病態があります。
大きなニキビが全体にできる場合、
口の周りとか特定のところにしかできない場合、
小さなぷつぷつだけがおさまらない、
湿疹も出ていて痒いのに、ニキビもでる、
敏感肌で乾燥するのにニキビができる、
ブラックヘッドが気になる、
思春期ではないのにニキビができる、
ニキビは治ったけどにきび跡を早くなおしたい・・・・
色々な場合にその都度適した治療を提案していきたいと思います。

難治性な場合も、色々な治療法の機序を考えて、応用して、ベストな方向へと導きます。

ニキビかどうかよくわからないけど何となく肌の調子が悪いという場合も、もちろんご相談してください。一緒に考えて参りましょう。

このページのトップへこのページのトップへ
和(なごむ)皮ふ科クリニック
180-0004 東京都武蔵野市吉祥寺本町2-10-7 くもんピア吉祥寺ビル4階
TEL/FAX 0422-23-8756